ホーム > 採用情報 > 社員が語る > 澤田 知亮

System Operation

澤田知亮
澤田 知亮
所属部署名:システム部
入社年度:2014年度
出身校:東京情報大学
学部学科:経営情報学部・情報学科

お客様の"生命線"を守れるよろこび

会社の成長に呼応して自分も成長したい

「開発と運用、双方の技術をバランスよく身に着けられる」

それがSIBを志望した一番の理由です。どうせ本気でITをやるなら開発から運用までを一気通貫で こなせる市場価値の高いシステムエンジニアへと成長したい――そう思った私にとっては開発系案件、 運用系案件双方で実績を持つSIBはうってつけの環境。それに加え、まだまだ小さな会社ですので、 今からなら中核メンバーとして一緒に会社づくりに関わっていけると思ったことも決め手の一つでしたね。 自分自身もシステムエンジニアとしてヒョッ子に近い段階であり、会社の成長と自分の成長とを リンクさせながら仕事に取り組めることは、きっと刺激的で大きなヤリガイになるだろうと確信しました。 分業化が徹底され、完成され尽くしてしまった大手企業よりは面白い仕事ができそうじゃないですか。
お客様のシステムを自分の手で守る―

入社2年目。現在はある大手食品メーカーの基幹システムの運用業務を担当しています。 オペレーターとして、システムの監視、異常検知時のインシデント対応、定期バックアップを主とした 業務を担当。また、システムの異常発生時に迅速かつ的確な対応が行えるよう、仕事の合間を見て、 お客様の本番システムを模した疑似環境を用いてチーム全体で訓練を行っています。それほどお客様に とっては大切なシステムであり、そんなシステムを自分たちの手で守れることに強い使命感を感じています。
今後の目標は、先にも述べたように運用と開発双方の技術をバランスよく併せ持つエンジニアへと成長 すること。特に開発においては運用目線を持ったシステムエンジニアは非常に貴重であり、それが自分の "武器"にもつながっていくと思っています。

社員が語るTOPへ戻る